2020年10月29日

191116rs-asashina

 スタンプ日:2019年11月16日
 スタンプ場所:道の駅ほっとぱ~く・浅科(長野県佐久市甲2177番地1)

佐久市を東西に走る国道142号線を佐久市中心部から立科町方面に走ると、長閑な田園風景が広がる旧浅科村地域を通過します。その田園地帯にある道の駅が、この「道の駅ほっとぱ~く・浅科」です。

スタンプに描かれているのは、こめこめっち(左)とライスマン(右)。浅科村時代に誕生したキャラクターで、小学生のデザインとのこと。

道の駅内の物産展示館では、高級ブランド米・五郎兵衛米をはじめ、地元のおいしいものが勢ぞろいしています。

佐久市による紹介ページ


ブログ王ランキングに参加中!

2020年10月21日

rs-tateshina

 スタンプ日:2019年11月16日
 スタンプ場所:道の駅女神の里たてしな(長野県北佐久郡立科町茂田井2480)

東信州の玄関口・立科町にある道の駅のスタンプです。スタンプには蓼科山と女神湖、そして町の形が描かれています。

スタンプのデザインからもわかるように、立科町は南北に細長い、特徴的な形をしています。特に中央部の佐久市と長和町に挟まれた部分はかなり狭くなっており、最も狭い地点(雨境峠地区)は、わずか53.3センチメートルしかないとのことです。

この町は農業が盛んで、道の駅にも地元産農産物・加工食品がずらりと並ぶ直売所「農ん喜(のんき)村」が併設されています。


道の駅女神の里たてしなホームページ





ブログ王ランキングに参加中!

2020年10月03日

20191115sakudairasa-d

 スタンプ日:2019年11月15日
 スタンプ場所:佐久平パーキングエリア 下り線(長野県佐久市下平尾2329)

上信越自動車道下り線、佐久IC手前にある佐久平PAのスタンプです。

描かれているのは、カブトムシの妖精・かぶ太くん。このPAに併設されているハイウェイオアシス「パラダ」内にある昆虫体験学習館のマスコットキャラクターです。
(右のクワガタの方は名前がわかりませんでした...)

この昆虫体験学習館は、日本最大級(?)のカブトムシ飼育施設「カブトムシドーム」を有しており、内部では数百頭のカブトムシが放し飼いされているそう。

昆虫体験学習館ホームページ


ブログ王ランキングに参加中!

2020年09月28日

20191115miyoshisa-d

 スタンプ日:2019年11月15日
 スタンプ場所:三芳パーキングエリア・下り線(埼玉県入間郡三芳町上富東永久保2245-1)

関越自動車道を東京から北上すると、最初に現れるPAがこの三芳PA。

ここは川越ICのひとつ手前にある施設で、立地する三芳町はその昔旧川越藩領でした。そのため、スタンプにも「川越蔵造りの町並み」が描かれています。

ちなみにこの三芳PA、埼玉県内ではありますが、東京を出発した人たちが多く利用するため、東京土産が充実しているというのがウリだとのこと。

ドラぷらによる紹介ページ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うつくしの街川越 小江戸成長物語 [ 山野清二郎 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/9/28時点)



ブログ王ランキングに参加中!

2020年09月25日

191010gryokaku

 スタンプ日:2019年10月20日
 スタンプ場所:五稜郭タワー1階チケット売り場(北海道函館市五稜郭町43番9号)

日本100名城は2007年、日本城郭協会の財団法人化40周年記念事業として選定された、日本を代表する100の城郭・城跡で、この際全国の100場を巡る記念スタンプラリーも行われました。

このスタンプはそのスタンプラリーように作成されたもので、大きさはシリーズ共通の直径35ミリ程度。図案は上空から見た五稜郭。スタンプ台の要らないシャチハタタイプとなっています。

ちなみに北海道ではこの五稜郭のほか、道南・松前町の松前城、道東・根室市の根室半島チャシ跡群が100名城として選定されています。

また、10年後の2017年にはこの際選から漏れた城郭・城跡の中から「続日本100名城」(座喜味城・沖縄県など)も選定されています。





ブログ王ランキングに参加中!