博物館・美術館等

2020年08月14日

191005kakashi

 スタンプ日:2019年10月5日
 スタンプ場所:かかし古里館(北海道岩内郡共和町南幌似103-13)

後志地方西部・岩内郡共和町にある、廃校を利用した博物館のスタンプです。

この「かかし古里館」は、農業を中心とした共和町開拓の歴史を伝える施設で、正面右側の収蔵展示室は、1933(昭和8)年に建築された旧幌似小学校の校舎を復元して使用しています。

スタンプに描かれているのは、共和の開拓を支えた稲、旧幌似小学校校舎、そしてかかし。「かかしのふるさと」共和町では毎年8月にかかし祭りが開かれており、お祭りの中では100体以上の個性的でユニークなかかしが並ぶ「かかしコンクール」も開催。過去の名作はこの博物館で展示されています。






ブログ王ランキングに参加中!

2020年03月14日

190529mikasageopark

 スタンプ日:2019年5月29日
 スタンプ場所:三笠市立博物館(北海道三笠市幾春別錦町1丁目212-1)

三笠ジオパークのスタンプです。三笠市立博物館で博物館のスタンプと一緒に押すことができます。

三笠ジオパークのホームページによると、ジオパークとは「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」を組み合わせた「大地の公園」を意味する言葉だそうで、地球(ジオ)を丸ごと楽しむことができる場所をいうとのこと。

大地や自然、動植物の生態系、そしてその中で育まれた私たち人間の生活や文化、産業を、それぞれ個別にではなく、つながりとして楽しく学ぶことができる場所がジオパークとして認定されており、現在日本国内には33箇所あるとのことです。

三笠ジオパークの指定エリアは三笠市全体となっており、見所は地層や化石といった自然遺産だけでなく、鉄道や炭鉱、刑務所といった開拓の歴史、そして自然と人間の合作とも言える農業・農産物と様々。まさに三笠市全体が大きな博物館と言えるでしょう。

スタンプに描かれているのは、三笠ジオパークのロゴマーク。左から1億年前のアンモナイトを含む地層、5000万年前の石炭を含む地層、そして私達が生きる現在を植物で表しています。

ちなみに描かれている植物は、石炭のもとになった植物の一つであるメタセコイア。メタセコイアは現在も生きる「生きた化石」として知られており、三笠市立博物館前にも植林されています。

三笠ジオパークホームページ
https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/geopark/



ブログ王ランキングに参加中!

2020年03月08日

190529mikasahakubutsukan

 スタンプ日:2019年5月29日
 スタンプ場所:三笠市立博物館(北海道三笠市幾春別錦町1丁目212-1)

以前道の駅三笠の記事でもご紹介したとおり、三笠は化石が多く出土する地。そのため三笠市立博物館は白亜紀を中心とした化石の展示が非常に充実しています。

特にアンモナイトは数多く展示されており、北海道で出土したものだけでも190種600点もあるそうで、アンモナイトに興味がある方にはぜひおすすめなスポットです。

化石に関する展示のほかにも、郷土の開拓史や炭鉱に関する展示、さらには自然に関する展示がある別館、そしてサイクリングロードもあり、見ごたえは十分です。(別館、サイクリングロードは冬季閉鎖されるので要注意)

スタンプに描かれているのも、ここ三笠で出土したアンモナイトと恐竜(エゾミカサリュウ)。白亜紀の遺産は、このまちのシンボルです。

三笠市立博物館ホームページ
https://www.city.mikasa.hokkaido.jp/museum/




ブログ王ランキングに参加中!

2020年01月11日

190518hakodatekaiyohakubutsukan2

 スタンプ日:2019年5月18日
 スタンプ場所:函館市北洋資料館(北海道函館市五稜郭町37番8号)

前回に引き続き、函館市北洋資料館のスタンプです。

こちらは前回紹介のものよりも新しいらしく、磨り減っていません。シャープな印影ですね。基本的な図案は2つとも似たようなものですが(イラストがちょっとだけかわいくなっているかも)、こちらには押印した日付が入るようになっています。

このタイプは後から見た時にいつ押したかがすぐわかるので、コレクションをしている身としてはとてもありがたいのですが、あまり普及していませんよね。やっぱり日付印部分が壊れやすく、メンテナンスが大変だからでしょうか。製造コストもちょっと高いでしょうしね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千島列島をめぐる日本とロシア [ 秋月俊幸 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/1/11時点)



ブログ王ランキングに参加中!

2020年01月10日

190518hakodatekaiyohakubutsukan1

 スタンプ日:2019年5月18日
 スタンプ場所:函館市北洋資料館(北海道函館市五稜郭町37番8号)

函館市の観光名所、五稜郭公園のお向かいにある資料館のスタンプです。

スタンプはやや磨り減り気味で残念ですが、ちょっと歴史を刻んできた味があります。絵柄は北洋漁業の漁船を中心に、カニ・魚が描かれています(魚はサケ・マスでしょうか)。

函館は今でこそ沿岸漁業と観光のまちですが、大正から昭和にかけては日魯を中心とした母船式サケ・マス漁業(いわゆる北洋漁業)の出漁基地となっており、遠洋漁業がまちの基幹産業でした。

北洋漁業は厳しい自然環境、劣悪な労働環境の中での労働でしたが、その分労働者の賃金はとても好条件だったようで、当時は「嫁にやるなら日魯の社員へ」という言葉があったほどでした。

昭和末期の各国によるいわゆる「排他的経済水域」の設定により北洋漁業は終焉を迎えてしまいましたが、その歴史を今に伝えているのがこの資料館。入場料は100円と破格の設定(それも入場料を払うと200円の駐車料金が2時間無料!)ですが、見応えはなかなかのものです。

美術館のお隣に立っており、あまり目立つ存在ではないですが、五稜郭観光の際に立ち寄る価値は十分です。

函館市北洋資料館ホームページ
http://www.zaidan-hakodate.com/gjh/hokuyo/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蟹工船から見た日本近代史 [ 井本三夫 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/1/10時点)



ブログ王ランキングに参加中!