五稜郭

2021年02月20日

191116 tatsuokajo

 スタンプ日:2019年11月16日
 スタンプ場所:五稜郭であいの館(長野県佐久市田口2975-1)

一般的に「五稜郭」といえば北海道函館市ですが、実は同様の城郭は日本にもう一つ存在します。それが長野県佐久市の「龍岡城五稜郭」。

この龍岡城は函館五稜郭竣工の3年後、1867年に竣工した星型稜堡を持つ洋式城郭で、田野口藩主松平乗謨(のちの大給恒、日本赤十字社の創設者の一人です)によって築かれました。

史跡総面積は約66,694平米と函館五稜郭の約4分の1程度の大きさ。廃藩後の1871年、築城からわずか4年余りで石垣と御台所以外取り壊されたという、とても短命に終わった城郭です。

現在、郭内は小学校(佐久市立田口小学校)として利用されていますが、今後地域の学校統廃合により学校としての役割を終え、史跡として再整備される計画があるとのこと。

お城の横には「五稜郭であいの館」というこじんまりとした施設があり、資料の展示があるほか、ボランティア団体「五稜郭保存会」の方がおり、お茶を飲んだり、お城や地域の歴史の説明を聞くことができます。ちなみにスタンプもここで押すことができます。




ブログ王ランキングに参加中!

2020年09月25日

191010gryokaku

 スタンプ日:2019年10月20日
 スタンプ場所:五稜郭タワー1階チケット売り場(北海道函館市五稜郭町43番9号)

日本100名城は2007年、日本城郭協会の財団法人化40周年記念事業として選定された、日本を代表する100の城郭・城跡で、この際全国の100場を巡る記念スタンプラリーも行われました。

このスタンプはそのスタンプラリーように作成されたもので、大きさはシリーズ共通の直径35ミリ程度。図案は上空から見た五稜郭。スタンプ台の要らないシャチハタタイプとなっています。

ちなみに北海道ではこの五稜郭のほか、道南・松前町の松前城、道東・根室市の根室半島チャシ跡群が100名城として選定されています。

また、10年後の2017年にはこの際選から漏れた城郭・城跡の中から「続日本100名城」(座喜味城・沖縄県など)も選定されています。





ブログ王ランキングに参加中!

2020年02月10日

191010goryokakutower4

 スタンプ日:2019年10月20日
 スタンプ場所:五稜郭タワー(北海道函館市五稜郭町43番9号)

五稜郭タワーシリーズ最後を飾るのは、タワー展望2階(有料ゾーン)に設置されているこちらのスタンプです。デザインは函館の街並みとタワーに、タワーの高さである107mという文字、そしてまたも土方歳三です(ホント土方好きですよね...)。

高さ107メートルの五稜郭タワーは市街地中心部にあり、(おそらく)函館市内で最も高い建造物。ですので函館の街並みを360度見渡すことができます。

また、展望エリアは歴史に関する展示やジオラマ、ちょっとした売店も設置されており、景色を眺める以外の楽しみ方もできます。

営業時間は夏期は8~19時、冬期は9~18時(例外有り)、料金は大人900円、中高校生680円、小学生450円となっています。

営業時間的に夜景を楽しむことはちょっと難しいかもしれませんが、函館を旅行の際はぜひとも寄ってみたいスポットです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

函館 (ココミル)
価格:880円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)



ブログ王ランキングに参加中!

2020年02月09日

191010goryokakutower3

 スタンプ日:2019年10月20日
 スタンプ場所:五稜郭タワー五稜郭タワー(北海道函館市五稜郭町43番9号)

前回前々回に引き続き五稜郭タワーのスタンプです。こちらは有料ゾーンであるタワー展望2階に設置されています。

スタンプに描かれているのは、五稜郭タワー公式イメージキャラクターのGO太くん。2006年に現在の2代目タワーがオープンした際に誕生したキャラクターです。

このスタンプでは隠れる形になってしまっていますが、頭上にある避雷針と航空障害灯がチャームポイントとのこと。どんなものかは是非現地でお会いして、ご確認ください。

GO太くんの部屋(五稜郭タワー公式サイト内)
https://www.goryokaku-tower.co.jp/gotakun/

▽私も食べましたが結構美味でした


ブログ王ランキングに参加中!

2020年01月22日

190518goryokakutower2

 スタンプ日:2019年5月18日
 スタンプ場所:五稜郭タワー(北海道函館市五稜郭町43番9号)

前回に引き続き五稜郭タワー1階のスタンプです。描かれているのは上空から見た函館の地形と土方歳三、そして中央には軍艦・回天丸です。

回天丸はもともとプロイセンの軍艦ダンツィヒ号として建造されましたが、その後イギリス、アメリカの商人へと売却されたのち、1865(慶応元)年、江戸幕府が購入したものです。

戊辰戦争時には開陽丸とともに榎本武揚らの旧幕府軍の主戦艦として活躍しましたが、1869(明治2)年の箱館湾海戦で新政府軍によって放火され、函館湾に沈むこととなりました。

函館市内には戊辰戦争時の遺構が五稜郭だけでなく様々な場所にひっそりとあります。お越しの際はあわせて探してみてはいかがでしょうか。

「はこぶら」による紹介ページ
https://www.hakobura.jp/db/db-view/2010/09/post-4.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五稜郭 (日本の遺跡) [ 田原良信 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/1/22時点)



ブログ王ランキングに参加中!