道南

2020年09月25日

191010gryokaku

 スタンプ日:2019年10月20日
 スタンプ場所:五稜郭タワー1階チケット売り場(北海道函館市五稜郭町43番9号)

日本100名城は2007年、日本城郭協会の財団法人化40周年記念事業として選定された、日本を代表する100の城郭・城跡で、この際全国の100場を巡る記念スタンプラリーも行われました。

このスタンプはそのスタンプラリーように作成されたもので、大きさはシリーズ共通の直径35ミリ程度。図案は上空から見た五稜郭。スタンプ台の要らないシャチハタタイプとなっています。

ちなみに北海道ではこの五稜郭のほか、道南・松前町の松前城、道東・根室市の根室半島チャシ跡群が100名城として選定されています。

また、10年後の2017年にはこの際選から漏れた城郭・城跡の中から「続日本100名城」(座喜味城・沖縄県など)も選定されています。





ブログ王ランキングに参加中!

2019年06月08日

190224esashi-oiwake

 スタンプ日:2019年2月24日
 スタンプ場所:江差追分会館・江差山車会館(北海道檜山郡江差町字中歌町193-3)

北海道南部・江差町におよそ200年前から伝わる民謡「江差追分」。この江差追分に関する展示見学・体験施設が江差追分会館です。2010年には江差山車会館部分が増築され、姥神大神宮祭典に関する展示も加わりました。

ここでは毎年江差町で開催されている江差追分全国大会の模様を撮影した映像等が見られるほか、江差追分の実演、文献の展示、指導が受けられる道場などがあり、様々な角度から江差追分について触れることができる施設となっています。

ちなみに江差追分全国大会は1963年から開催されており、単一民謡の全国大会としては日本で最も古い歴史を持つ大会です。各地の予選を勝ち抜いた約400人が江差に集い、自慢のノドを競い合います。

江差追分会のホームページ
http://esashi-oiwake.com/




ブログ王ランキングに参加中!

2019年05月21日

180804sazanamike2

 スタンプ日:2018年8月4日
 スタンプ場所:旧笹浪家住宅母屋(北海道檜山郡上ノ国町字上ノ国236番地)

前回に引き続き北海道上ノ国町・旧笹浪家住宅のスタンプです。今回も裏紙に押印したので、あまりきれいでなくてすいません。

さて、こちらは記号(マーク)と漢字2文字というとてもシンプルな図案。これだけ見ると何のスタンプかわからない方も多いと思います。

一番上の記号は家印といい、家の所有権などを示すためにつける記号で、こえは「ほしやまに」と読み、この建物の主であった笹浪家の家印です。

そして下の2文字「能久」は笹浪家の屋号である能登屋の「能」と、代々の当主の名であった「久右衛門」の「久」を表しています。

シンプルな中にも、様々な情報が詰まっている和風スタンプ。あまり出会えることの無いレアな一品です。

上ノ国町ホームページ
http://www.town.kaminokuni.lg.jp/



ブログ王ランキングに参加中!

2019年05月19日

180804sazanamike1

 スタンプ日:2018年8月4日
 スタンプ場所:旧笹浪家住宅母屋(北海道檜山郡上ノ国町字上ノ国236番地)

北海道南部・檜山管内にある上ノ国町は、古くから和人が住み着き、中世から漁業や北方交易で栄えた地域です。

笹浪家も江戸時代から当地で鰊漁を営んでいた旧家の1つで、この旧笹浪家住宅は19世紀前期に五代目久右衛門が建てたといわれています。

この建物、北海道で現存する民家建築としては最古のものと言われており、1992年には母屋が重要文化財に指定されています(附属する米・文庫蔵も2018年に重要文化財に指定)。

2003年からは一般公開が始まり、江戸時代の民家建築を見ることができるほか、当時の生活用品などの歴史や民俗、生活を伝える資料が展示されており、当地の近代史を学べるスポットとなっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生一番搾り菜の花油&えごまパウダーセット
価格:3700円(税込、送料別) (2019/5/19時点)



ブログ王ランキングに参加中!