JR北海道

2020年08月22日

191005ozawa-st

 スタンプ日:2019年10月5日
 スタンプ場所:かかし古里館(北海道岩内郡共和町南幌似103-13)

北海道西部、後志管内共和町にある小沢駅。JR函館本線は共和町をかするような形で運行しており、小沢駅は共和町内唯一の鉄道駅でもあります。

現在はひっそりとした無人駅ですが、1985年までは岩内町方面へ向かう岩内線が分岐し、かつては急行も停車していた駅でした。とでも知られており、現存する跨線橋では日本一古いものではないか、とも言われています。

さてこのスタンプ、サイズは100円玉ほどと小さく、「スタンプラリー」と書かれていますが...一体いつ頃、何のスタンプラリーで使われたものなのか。わかる方がいればぜひ教えてくださいm(_ _)m

ちなみに小沢駅が無人駅なため、スタンプは車で約10分ほどの距離にある、同じ共和町内の郷土資料館「かかし古里館」で押すことができます(2019年現在)。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JR函館本線
価格:770円(税込、送料別) (2020/8/22時点)



ブログ王ランキングに参加中!

2020年05月16日

190727jr-shikabe

 スタンプ日:2019年7月27日
 スタンプ場所:木古内町郷土資料館「いかりん館」(北海道上磯郡木古内町字鶴岡74-1)

相当磨り減ってしまっておりますが、こちらはJR鹿部駅(北海道茅部郡鹿部町)のスタンプです。

この駅は2005年に無人駅となっており、このスタンプは直線距離で約50キロ離れている木古内町郷土資料館「いかりん館」の鉄道資料室で保管されています。

スタンプに描かれているのは、鹿部を代表する産業である漁業を表した漁船、そして町のマスコットキャラクター・カールス君です。

スタンプ下部の「鹿部駅」の文字の下にある数字は、どうも電話番号の様です。電話番号入りスタンプって、実は結構珍しいんじゃないでしょうか。




ブログ王ランキングに参加中!

2020年05月14日

190727tetsudonohi-onuma

 スタンプ日:2019年7月27日
 スタンプ場所:木古内町郷土資料館「いかりん館」(北海道上磯郡木古内町字鶴岡74-1)

前回に引き続いて北海道木古内町のいかりん館で押印した鉄道の日スタンプラリー用スタンプ。こちらは七飯町にあるJR大沼駅のものです。基本デザインは函館駅のものと変わらず、駅名だけが差し替わっていますね。

このタイプのスタンプは青森県の弘前駅にもあったという情報がありますので、全国規模で統一したデザインが使用されたのかもしれません。

真ん中に描かれている鉄道の日キャラクターのテッピーですが、2013年にはガールフレンドのテッピーナも加わり、キャラクター2人体制となっています。

「大沼発見ナビマップ」による紹介ページ
www.onuma-guide.com/navimap/jr-onuma-st/




ブログ王ランキングに参加中!

2020年05月12日

190727tetsudonohi-hakodate

 スタンプ日:2019年7月27日
 スタンプ場所:木古内町郷土資料館「いかりん館」(北海道上磯郡木古内町字鶴岡74-1)

毎年10月14日は鉄道の日。1994年からスタートしたこの記念日に合わせて、全国各地の鉄道事業者が記念イベントを開催しています。このスタンプもそのイベントで行われたスタンプラリーで使用されたものと思われます。

これはリアルタイムで押したものではなく、イベント終了後に北海道木古内町の郷土資料館「いかりん館」鉄道資料室で保管・展示されていたもの。なので、残念ながらいつ行われたスタンプラリーで使用されたものなのかは不明。

スタンプ中央に描かれているのは、鉄道の日のキャラクター・テッピー。鉄道の日制定に合わせて、1994年に誕生しました。

鉄道の日について(国土交通省ホームページ)
https://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk1_000004.html




ブログ王ランキングに参加中!

2020年05月10日

190727doraemon-hakodate2

 スタンプ日:2019年7月27日
 スタンプ場所:木古内町郷土資料館「いかりん館」(北海道上磯郡木古内町字鶴岡74-1)

前回に引き続き2000年のドラえもん海底列車運転を記念した函館駅のスタンプです。こちらのタイプは中央にドラえもん、その下にドラえもんデザインにラッピングされた快速・海峡号が描かれています。

この頃の青函トンネルは普通運賃のみで乗車できる快速列車が運行されており、比較的身近な交通手段でしたが、現在(2020年)旅客運行は乗車料金が高額な新幹線のみとなってしまい、敷居が高くなってしまったと、私は感じています。

なお、こちらのスタンプも、木古内町の郷土資料館「いかりん館」で押印することができます。




ブログ王ランキングに参加中!